So-net無料ブログ作成

看護師不足の医療現場、看護師の退職理由とは?

医療現場において、欠かすことの出来ない存在といえば看護師。
医師のサポートから患者のケアまで幅広い業務を行い、看護師がいなければ病院は回らないはずなのですが、医師や患者から怒られたりするストレスの溜まる職業としても有名です。
その噂を裏付けるように高い離職率であり、長く続く看護師というのもそうそう多くはないという統計が出ています。
看護師の退職理由として多いのが、職場内での人間関係の問題。
ミスに対しては常に気を張り続けるストレスが多い職場なせいか、人間関係が悪いところが多くパワハラや嫌がらせ、いじめによる退職が多いそうです。
次に多いのが、給与面の問題です。
看護師というのは命を扱う職業ですから、その難易度というのは他の職業の比ではありません。
一つのミスが訴訟問題などに発展する可能性があるわけですから、神経をやられる人も少なくはありません。
厳しい労働環境や夜勤と日勤の繰り返しによる心身に溜まる疲れ、それに見合った給料がもらえているのかというとそういった職場は多くなく、大半の看護師が仕事内容と給料のバランスに不満を持っていると言われています。
上記の問題は、看護師不足の原因の一角にしか過ぎません。
高齢化社会によって介護や看護の数が足りなくなると予想される今後、どのようにしてこの問題を解決していくかのか、政府への期待が持たれます。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。